山口県の求人傾向

山口県の各地で派遣社員として働くメリットとは?

 
山口県は本州の一番西側に位置している土地柄で、西側は九州と隣接しております。
山口県の人口は約140万人で人気の観光スポットも多く観光系の人材も多く募集されています。
観光地で有名なものを幾つかあげておきましょう。
秋吉台・秋芳洞・関門トンネル・関門海峡・瑠璃光五重塔・千畳敷・錦帯橋・青海島などが思い浮かびます。
特産物では、ふぐ・アンコウ・はなっこりー・萩焼き・大内塗・赤間硯などが上げられます。
 
有効求人倍率は0.98パーセントで推移しており、高い水準です。
47都道府県の中でも21番目に倍率が高いエリアです。
派遣社員の求人で多いのは県庁所在地である山口市・九州に隣接している下関市・セメントで有名な宇部市です。
職種も豊富にあり、営業系・事務系・販売系がメインになっています。
IT・通信・メーカー・サービス業など幅広い企業からの求人案件があります。
 
派遣社員として働くワークスタイルは雇用主である派遣社員とは実際に仕事をする派遣先の会社が違う……これが特徴になっています。
アルバイトやパートタイムや契約社員とは異なっています。
 
山口県で派遣会社として働くメリットを挙げておきましょう。
まずは人事異動がないことです。
人事異動があって広域な転勤がある場合はマイホームの計画もしにくいですね。
新築したのに、転勤を命じられると単身赴任を余儀なくされるとか、自宅を売らなければならないこともあります。
人生設計がしづらいのです。派遣の場合はそういったこともありません。
 
また既婚者の奥様の場合は扶養の範囲で仕事をする方法もできます。
派遣会社に所属していると、その都度、あちらこちらに履歴書を送付して面接を受けたりする手間がありません。
派遣会社が仕事を見つけてくれるからです。
 
休日や休暇が取得しやすいメリットも見逃せません。
正社員でも有給休暇がありますが、実態はほとんど消化できていないのが現実です。
正社員の場合は、どうしても仕事優先の生活スタイルになってしまいます。
派遣社員の場合は、子育てママ世代でも、時間を決めて仕事をすることもできますし、サービス残業なんてありません。
 
正社員でもブラック企業に就職してしまうと、サービス残業で拘束時間が長くなります。
しっかりと時給計算したらとんでもない安月給で働いていることも多いです。
派遣社員の場合は、仕事の範囲が明確に決められています。
メインの仕事以外の雑務を命令されることもありません。
自分の仕事に集中できて働けるのでストレスもないでしょう。
 
しかしメリットばかりではありません。
デメリットがあることも理解しておきたいです。
まずは、期間限定である仕事です。定期昇給もありません。
給料は月によってバラツキがありますから、安定性を見た場合は不安定だと言えるでしょう。
そんなデメリットもありますが、自分の好きなように仕事ができるライフスタイルが手に入ります。
魅力的な働き方だと感じる人も多いのです。
 
派遣会社はいろいろあります。
全国展開している派遣会社の場合は広域で働きたい人に向いているでしょう。
もしも山口県内で仕事を探しているならば、山口県に特化した派遣会社を選ぶと地域の企業とのコネクションが密ですし強みがあります。